BeepLab

パソコン系Youtuber集団の公式ホームページ

【Apple】さようなら 名器 MacBookPro2012 通称MD101

 

f:id:BeepLab:20201229012612j:plain

MD101

おはようございます。BeepLabのGONです。

M1チップ搭載のMacを購入して毎日動かしていますが、それまでの愛機を紹介するのと同時にさようなら(売却)するためにYouTubeに動画を作ってアップしました。

まずは動画をご覧下さい。

youtu.be

 

まずはメーカー仕様

メーカー:APPLE

モデル名:MacBook Pro (13-inch,Mid 2012)

部品番号:MD101J/A

画面サイズ:13.3インチ

プロセッサ:2.5GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)、3MB三次キャッシュ

メモリ:2.5GHz 4GB 1600MHz DDR3メモリ

ストレージ:2.5GHz 500GB 5,400rpmハードドライブ

グラフィック:Intel HD Graphics 4000

カメラ:720p FaceTime HDカメラ

接続および拡張性:

●MagSafe電源ポート

●ギガビットEthernetポート x 1

FireWire 800ポート(最大800Mbps)x 1

●USB3ポート(最大5Gbps)x 2

●Thunderboltポート(最大10Gbps)x 1

●ヘッドフォンポート

SDXCカードスロット

●Kensington社ケーブルロック用セキュリティスロット

●8倍速SuperDrive

ワイヤレス:

802.11n Wi-Fiワイヤレスネットワーク接続3、IEEE 802.11a/b/gに対応

Bluetooth 4.0ワイヤレステクノロジー

オーディオ:

●サブウーファー付きステレオスピーカー

●無指向性マイクロフォン

●ヘッドフォンポート

    • Apple iPhoneリモート&マイク付きヘッドセットに対応
    • オーディオライン出力に対応(デジタル/アナログ)

●キーボードおよびトラックパッド

 

名器たる由縁

2012年に発売されたHDDとメモリ、DVDドライブが搭載された最後のモデル。

同じ年に発売されたRetinaディスプレイモデルの影に隠れた名器のモデルです。

HDDをSSDに交換、メモリも自分でカスタマイズすれば、現役のRetinaにも引けを取らないMacです。

実はそこだけではありません。

2012年モデルと2011年モデルを比べてみるとその違いが分かってきます。

 

何が変わったかというと、まずはUSBポート。

USB2.0USB3.0に変更され外部からのアクセススピードが大幅に速くなりました。

 

次にBluetoothが2.1から4.0になった事でMac同士やiPhoneなどのiOS機器とのAirDropが出来るようになりました。

 

隠れた所ではグラフィックがOpenGLに対応され、2D/3D性能がアップ、動画編集ソフト「ダヴィンチリゾルブ」が動かせる様になっています。(ヴァージョン16での検証)

 

MacOS X Cataina(2019年)までヴァージョンアップが可能なのはこの部分ではないでしょうか。

 

しかし、MacOS11になると同時にOSのアップグレードが終わり、新世代のM1チップ搭載モデルが発売された事により、2世代前のマシンとなってしまいました。 そんなMD101ですが、まだまだ現役で使えるMacであることは間違いないです。