PC業界を変えてしまう可能性のMacBook Pro

PC業界を変えてしまう可能性のMacBook Pro

 

M1チップ搭載の新Mac3機種

 

MacBookAirの記事はこちら

www.beep-lab.com

Macminiはこちら

www.beep-lab.com

 

そして最後に

MacBook Pro

f:id:BeepLab:20201113001843j:plain

Proのすべてが目を覚ます。

13インチMacBook ProがApple M1チップを搭載。その速さとパワーは信じられないほどです。CPU性能は最大2.8倍。グラフィックス処理速度は最大5倍。Appleで最も先進的なNeural Engineにより、機械学習の速さは最大11倍。バッテリー駆動時間は、どんなMacよりも長い最大20時間。

Appleで最も人気が高いプロ向けノートブックが、スケールの違う能力を

手に入れました。

 

 

Apple M1チップの驚異的なパワー、内蔵

 

今回発表された新しい3台のMac、最後を飾るのが本命でしょうか、MacBook Pro になります。

Proの冠をつけたこの機種がどう変わったのかを見ていきましょう。

f:id:BeepLab:20201113002057p:plain


CPU

Appleシリコン M1チップ  8コアCPU(高性能コア4、高効率コア4)

一世代前より 最大2.8倍高速

※1.7GHzクアッドコアIntel Core i7搭載13インチMacBook Pro量産モデルと比較

 

GPU

Appleシリコン M1チップ 8コアGPU

1世代前より 最大5倍速いグラフィックス

※テスト実施時に市販されていたノートブックおよびデスクトップコンピュータ向けの最高性能の統合型GPUと比較

 

Neural Engine

Appleシリコン M1チップ 専用16コア

最大11倍速い機械学習

※1.7GHzクアッドコアIntel Core i7搭載13インチMacBook Pro量産モデルと比較

 

ユニファイドメモリ

Appleシリコン M1チップ 最大16GBの超高速ユニファイドメモリ

 

SSDストレージ

最大2TB 最大3.3GB/sのシーケンシャル速度

 

最大20時間駆動するバッテリー

Mac史上最長

 

熱効率

アクティブクーリングで驚異的に速いパフォーマンス

 

Wi-Fi 6

最大1.2Gb/sのスループット

1つの通信で複数端末に同時に届く性質を持つ

Wi-fi 5は約7Gbps

 

Thunderbolt / USB 4

最大40Gb/sのデータ転送

充電、ビデオ出力を1ポートでできる。

 

明るさ500ニトの輝度

(前モデルは400ニト)

 

3マイクアレイ

スタジオ品質を、スタジオなしで。信号対雑音比が向上。

 

他にも従来あるTouch Barやシザー構造のMagicKeyboad、感圧タッチトラックパッドなどは健在。

従来2020年モデル4機種から下位2機種が新しいM1チップ搭載のMacBook Proに置き換わっています。

 

値段

 

エントリーモデルが

134,800(税別) ※8GBのメモリ、256GBのストレージ 

上位モデルが

154,800(税別)

512GBのSSD  ※8GBのメモリ、512GBのSSD

 

各CTOで

メモリが16GBにアップ+20,000

SSDが+倍になるにつれ+20,000となっています。

 

上位モデル2機種がIntel製CPUのモデルは据え置きで並行販売

 

 

個人的雑感

名前の通りMacBook Proは手にとって使いたいPro仕様のMacで間違いないでしょう。しかし、Airとほぼ同じ性能(Touch Barなどの違いはあり)で3万円の差をどう考えるかだと思います。

 

気になる点があるとしたら、上位モデルとの性能が逆転しているのに値段が安いという事、これがどの様な意味なのかを考えてしまいます。

前の様にPCとしての機能が出せないのであろうか、自社開発によるコストダウンに成功したのかどうか、発売後の検証が楽しみである。

 

もしかして、PC業界を一気に変えてしまうゲームチェンジャーになる可能性を感じる今回のM1チップ搭載Mac

10年、いや15年に1度の大変革に立ち会っていると思います。

 

もうすぐそこにいます。

 

11月17日発売