FinalCutPro専用のショートカットコントローラーを作ってみたよ

 

f:id:BeepLab:20210213232639p:plain

カスタムキーボード

BeepLabのGONです。

 

今回はMacでの動画編集に欠かせないアプリFinalCutPro用のコントローラーを作ってみました。

YouTube動画にしてありますのでご覧ください。


FinalCutPro専用 ショートカット自作Speed Editor?ダサいけど快適に編集

 

必要なもの

 

FinalCutをお使いの方はMacはもちろん、アプリも持っている前提でお話します。(笑)

まずはコントローラーになるキーボード。

おすすめは片手のゲーミングキーボードです。

アマゾンで探してみると沢山売っていますね。

青軸のキーボードだとキーが交換できるので、後でシールを貼るとこが少しで済みます。

 

 

 

Macでの設定

次にMacでキーボードをカスタム設定するのに必要なアプリ

『Karabiner-Elements』

外付けキーボード単体でキーレイアウトできる唯一のアプリです。

配置の例は動画をご覧ください。

 

あると便利なショートカット10選

ここであると便利なショートカットを10個紹介します。

1.再生ヘッドの位置にあるタイムラインをカット Command+B

2.削除 Delete

3.コピー Command+C

4.ペースト Command+V

5.タイムライン再生 スペースバー

6.順方向に再生(数回押すごとに早送り) Lキー

7.逆再生(数回押すごとに巻き戻し) J

8.マーカー Mキー

9.1フレーム進む →キー

10.1フレーム戻る ←キー

番外.音量を1dB上げる Control+^(キャレット)

 

他にもまだまだ沢山ありますが、使い方で変わりますので探してみてください。