BeepLab

パソコン系Youtuber集団の公式ホームページ

【AppleWatch】AppleWatch Series6 初代より8.16倍速かった!

おはようございます。

BeepLabのGONです。

 

Apple信者と自負している私ですが、AppleWatchの初代を購入して5年の歳月が過ぎてしまいました。

5年も経つとテクノロジーの進化は凄いものですね。

そんな思いで作りました。動画をご覧ください。

 

youtu.be

 

最初のAppleWatchから進化したものをおさらいしてみます

AppleWatch(初代)

S1チップ (シングルコア)

AppleWatch Series2

S2チップ(デュアルコア)50%高速でGPUが2倍高速、電子マネーFelica搭載、50メートルの耐水性、2倍明るい画面

AppleWatch Series3

S3チップ(デュアルコア)70%高速に、Wi-Fi性能85%向上、高度計搭載、そしてGPS+Cellularモデルが選べる様に

AppleWatch Series4

S4チップ(デュアルコア)64bitCPUが2倍高速に、サイズの変更40mmと44mmに、ボリュームが50%UP、そして心電図ECGセンサー搭載(日本では使用不可)

AppleWatch Series5

S5チップ(デュアルコア)64bitのデュアルコアは変わらずRAMが32GBに、ディスプレイ常時点灯、電子コンパス搭載

AppleWatch Series6

S6チップ(デュアルコア)20%高速に、画面の明るさが2.5倍、睡眠トラッキング(watchOS7)、そして目玉の血中酸素濃度センサーが内蔵

 

 AppleWatch SEも同時発売されてます。

 8.16倍も速い

まさに初代からSeries6まで実に8.16倍も速いんです。

 

起動時間がまさに8〜9倍の時間差がありました(動画をチェック)

 

5年前は電池が1日持たないおしゃれな腕時計でしたが、5年たった今は、心拍センサー、心電図センサー、血中酸素ウェルネス、睡眠トラッカーなどの健康センサーもりもり搭載で医療器具の側面が強くなっています。

 

常時付けているほど電池が持たないですが、急速充電技術で、ちょっとした食事や、お風呂の時間に充電を心がければ90%〜70%位は維持してくれます。

 

細かい各アプリはまたの機会にレビューします。

 

そんなヌルヌル動くAppleWatchおすすめです。